柏市増尾台-増尾駅の歯医者はミラクルデンタルクリニック増尾|入れ歯

入れ歯

今お使いの入れ歯にご不満はございませんか?

今お使いの入れ歯にご不満はございませんか?

毎日のお食事をおいしく味わっていただいたり、お話をするにも入れ歯はとても大切です。当院では、患者様ごとに適切な入れ歯をご提供することによって、見た目が若々しくきれいな口元になることはもちろん、入れ歯を気にせずおしゃべりやお食事を楽しんで頂き、快適で充実した生活を送って頂きたいと考えています。

入れ歯は患者様のお身体の一部です。自然な口元をつくり、ストレスを感じることなく毎日の生活を送ることで気持ちも明るく自信に繋がっていただけたらと思っております。

当院では最先端の部分入れ歯「ミラクルデンチャー」を取り扱っています。

ミラクルデンチャーとは?

大阪の中川先生が世界で初めて開発された特許登録をされている入れ歯で、その素晴らしさに全国で入れ歯を研究する歯科医師が集まり日々進化し続けている最先端の入れ歯です。
従来の入れ歯のお悩みを解決し、入れ歯にご不満の方やインプラントが不可能な方も是非一度、ご相談下さい。

従来の入れ歯
従来の入れ歯
従来の入れ歯ミラクルデンチャー
ミラクルデンチャー

ミラクルデンチャーのメリット

  • 義歯の床が小さく、味覚を感じやすい
  • 歯がなくなったり、総入れ歯になるのを防ぐことができる
  • より外れにくく、ご自身の歯と錯覚するくらいに何でも噛める
  • 24時間装着が可能なほど、違和感や歯牙に対する圧迫感がない
  • 残存歯を保護し、傷めにくい
  • グラグラしている歯に装着をかけると、動きを止め、その歯を保護してくれる
  • お話がしやすい
  • 見た目が美しく入れ歯であることが気づかれにくい
  • 錯覚する患者さんが多い
  • 1本の歯があれば可能
  • 入れ歯が初めての人でも、抵抗なく入れ歯を入れることが可能
  • 歯の床の下に食べものが入らない
  • インプラントより安価

現在使っている入れ歯が噛めなくてお困りの方や、違和感を感じる方。
保険適用外ではございますが、従来の入れ歯に比べて小さく、金具がほとんど見えないため見た目も美しく快適な入れ歯を実感いただけるかと思います。気になる方はお気軽にご相談下さい。

※当院では総入れ歯のミラクルコーヌスデンチャーをご希望の方に限り、1本のみインプラント治療を行うことが可能です。

ミラクルコーヌスデンチャーとは

維持装置としてバネ(クラスプ)を使わずに、支える歯に2重構造でできた冠を使ったはめ込み式の入れ歯です。
二重構造の維持装置を支えとなる歯に取り付ける治療工程が加わります。これにより支えとして使用する歯に負担がかかりにくく、残っている歯に負荷を少なくする方法です。

その他、当院で扱っている
入れ歯の種類

当院では保険適用のものから自由診療で良質な入れ歯まで、患者様のご希望に沿って適切な素材をご提供させていただきます。

  • 部分入れ歯
    部分入れ歯

    部分的に歯を失った場合の補綴治療法です。歯の抜けた部分に対してその歯の代わりをする人工歯と、歯茎を補うピンク色の床を残っている歯にクラスプ(留め具)で固定します。

  • 総入れ歯
    総入れ歯

    総入れ歯はすべての歯を失った場合の補綴治療法です。歯の代わりをする人工歯と、歯茎を補うピンク色の床でできていて、粘膜の吸着力で維持させます。

金属床(自費)

お身体に優しい金属を使っています。金属のため熱が伝わり、おいしくお食事ができます。軽くて丈夫な素材で、汚れに強いので口腔内を常に清潔に保つことができます。

金属床(自費)

レジン床デンチャー(保険適用)

保険適用で作製できるプラスチック素材の入れ歯です。
比較的安価にできますが、使用感や耐久性でほかの素材には劣るという欠点があります。

レジン床デンチャー(保険適用)

治療の流れ

  • ご相談・カウンセリング
    問診を行い、患者様のお悩みやご希望を十分お聞きし、「どうすれば治るのか」という診査をおこないます。根本的な問題が存在する場合には、すべての治療を完了してからでないと、入れ歯を使うことはできない場合もございます。
  • 検査
    レントゲン撮影を行い、お口の中の状態を適切に検査します。
    精確に診断した上で患者様に合った治療内容をご提案させていただきます。
  • 調整
    現在お使いの入れ歯がある方は、調整させていただきます。
    入れ歯の種類によっては、修理が困難な場合もございますが、調整して使える入れ歯もございますのでご相談ください。
  • 治療計画の説明
    検査結果を元に、現在のお口の状態や治療方法、費用や期間について詳しくご説明いたします。長く使える入れ歯を作るためには、ある程度のお時間が必要ですので、ご理解とご協力をお願いします。
  • 治療
    むし歯や歯周病治療が完了後、顎や頬の動きの型を取って模型を作製します。
    その後、咬み合わせの高さや位置、顔立ちに合った口もとの張りなどを決定し、技工所に依頼し、入れ歯を作製します。
  • 入れ歯の完成・装着
    入れ歯の完成後はお手入れ方法の指導や、入れ歯を支える歯茎の状態についてや、入れ歯の最終調整をします。
    残っている歯のクリーニングを行い、同時にむし歯や歯周病のチェック、歯磨き方法のアドバイスもさせていただきます。

安全で清潔に永く
入れ歯をお使いいただくために

コウキングの効果

当院ではお口を清潔かつ、安全で健康に保つことができる「コウキング(Ag+と呼ばれる銀のプラスイオン)」を導入しています。
塗布する事で感染や口臭の原因を防ぎ、雑菌の繁殖を防ぐことができます。
一度塗布すると2~3ヶ月以上継続的な効果があり、ご自身で磨いたり市販の洗浄剤だけでは落としきれなかった汚れや臭いが付きにくくなるため、水洗いなどの簡単なケアでも清潔に保つことが可能です。安全性と持続性に優れているため、お口の中に入れたままでも安心してお使いいただけます。

コウキングの効果
お手入れと定期的なクリーニング

汚れが溜まると口臭の原因になったり、土台になっている歯が歯周病になって抜けてしまうことで、入れ歯を作り直すことになりかねません。できるだけ長く入れ歯をお使いいただくために、入れ歯を毎日洗浄して清潔にお使いください。
残った歯を守るため、お口の健康を維持するためにプロによるクリーニングケアも大切です。毎日のブラッシングに加えて、定期的に歯科医院でクリーニングすることをおすすめしております。

お手入れと定期的なクリーニング

このような入れ歯の
お悩みはございませんか?

~よくいただく質問~
  • Q口を開けると入れ歯が外れる
    A

    お話をしていて外れる場合は、入れ歯とお口の筋肉の動きのバランスが合わないため、筋肉の動きが大きいと入れ歯に空気が入り、外れてしまいます。入れ歯の内面が合っているかどうか実際に確認し、調整が必要となります。

  • Q他院で入れ歯を作ったのですが痛みます。
    痛くない入れ歯にすることはできますか?
    A

    一度当院にお越しください。適切な検査をしっかりと行い、ご不満の原因をお調べいたします。精密な検査をすることで、痛くない入れ歯を作製させていただきます。

  • Q自費と保険の入れ歯の違いは?
    A

    素材やデザイン、装着感の違いが主なものです。
    入れ歯の本数が多い場合は患者様の感覚が顎を覆う保険の厚いプラスチックより、ミラクルデンチャーやメタルの方が、温度感覚がわかり発音にもあまり影響がないのでおすすめです。あごの形態や失った歯の数により、必ずしも自費でなくとも、症例によっては保険の入れ歯でも十分に使用いただける場合もございます。

  • Qミラクルデンチャーって聞いたことないのですが…
    A

    ミラクルデンチャーは特許登録されており、今までにない機能的な入れ歯の素晴らしさに全国で入れ歯を研究する歯科医師が集まり日々進化し続けている最先端の入れ歯です。
    ミラクルデンチャーについて詳しくはこちら→

  • Q歯が1,2本しかありません。
    入れ歯は夜外した方が良いでしょうか?
    A

    基本的には外すことを推奨していますが、睡眠時無呼吸症候群の疑いがある場合や、歯周炎で歯がグラグラする場合には、夜間の装着をおすすめします。
    また、「ミラクルデンチャー」の場合はケースを問わず残存歯を守る意味からも装着したまま寝ることをおすすめしています。

  • Q洗浄剤を使って入れ歯を洗った方が良いでしょうか?
    A

    入れ歯は食べ物が媒体となりますので、細菌が繁殖しやすく誤嚥性肺炎の原因となります。全身の健康面からも殺菌力のある洗浄剤を使用して、清潔を保つことをおすすめしています。
    当院では「コウキング(Ag+と呼ばれる銀のプラスイオン)」を導入しておりますので、感染や口臭の原因を防ぎ安全に入れ歯をお使いいただけ、洗浄も簡潔に行うことが可能です。より安全で清潔な口腔内を維持されたい方におすすめです。

  • Q入れ歯にするか、インプラントにするか迷っています。
    A

    前歯の場合は、見た目が優れているインプラントがおすすめですが、奥歯や失った歯の本数が多い場合は、費用も高額になる場合があり、インプラント治療には外科手術が必要になりますので、お身体への負担が大きくなる可能性があります。
    入れ歯よりもインプラントのほうがメインテナンスが大変になる場合が多く、お手入れがきちんとできずにインプラント周囲炎(インプラントの周りの歯ぐきの炎症)を起こし、重症化してしまった場合は、再度手術をしてインプラントを取り除かなければならなくなるケースもあります。
    万が一、寝たきりになってしまった場合でも入れ歯なら外して洗うことができますので、ご自身でお手入れをすることができ、安心してお使いいただけます。
    ご自身のライフスタイルとお口の状態に合わせてお選びいただくことをおすすめいたします。